離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、

離婚を覚悟の上で、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。
けれども1人で踏み込むと、大きい揉め事の原因になりうるので、止めるようお願いします。
信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3〜4日間です。
しかしこれはあくまでも一般的な期間です。普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。
一方で、浮気するだろうという日が調査員に伝えられていた場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。
探偵の特徴としては、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら地味にコツコツと調査していきますが、興信所が依頼されるのは身辺調査や企業調査が多いので、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると結論できそうです。法律上では、既婚者が配偶者ではない人と男女の関係にいたることを浮気といいます。
つまり、法律的にいうと、男女関係に発展していなかったら普通のデートをしたとしても、不倫ではありません。
個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士がいいでしょう。
婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。
また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所や興信所に相談してください。
相談者が女性の場合、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にやってはいけません。
同一電話番号との連絡を電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりすると浮気相手と連絡をとっているという見込みは非常に高いと言えます。
そういったことに気付いたらその電話をしている相手を見つけ出せばいいのです。
しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。
浮気相手への連絡手段として携帯を使うことは当然考えられます。
近年、メールやラインで連絡をことも多くなったとはいえ、やはり好きな人の声を聞きたくなる時もあるでしょう。
何気なく電話していることも十分ありえるのです。 探偵が用いている追跡グッズとは 自分で買うことができるかといえば、購入することが可能です。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いることが多いのですが、これは誰でもインターネットなどで買うことができます。
車両に載せてあるGPS端末というのは、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。
不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は少なくなります。
さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要になります。第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。費用を節約して浮気調査をするには、事前にある程度自分で調査しておきたいものです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。
何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで良いだけです。毎日の出勤時間、帰ってきた時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ