自分で浮気調査はすべきではあ

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう場合があるのです。普段は冷静でも、自分の知らない伴侶の顔をみてしまうとその場の激情に身を任せてしまうケースが過去にも多いのです。
無事に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。アルバイトとして探偵をしている人がいる場合があるんです。探偵のアルバイトを探してみると、求人情報が表示されます。これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もたくさんあるわけです。浮気調査をさせようとするときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。
アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、知ってしまった事柄を他の人に話す可能性だってあります。
不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。
離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、額は低くなるのです。
さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には根拠が必要です。
どの人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。
たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠がつかむことが可能です。
浮気相手への連絡手段として携帯をごく自然に使われるからです。最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当然のことでしょう。
そのため、何気なく電話することは十分考えられますね。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。
探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗しない保証が全くないとは言えません。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。
また、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。
浮気調査の依頼をするときには、調査によって一定とは限りませんが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。
まず調査員が1人で浮気であるかどうかを浮気が確実なものとなったなら、再度、調査の方法や人数などを決定します。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。
実費は交通費、写真撮影にかかる費用などですが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用を算出します。
短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。
費用を節約して浮気調査をするには、できる範囲のことは自分で前もって調査をすることでしょう。
調査と聞くと大変そうに聞こえますが、そんなことはありません。
何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけでいいのです。
日々の仕事に出掛ける時間、帰宅時間、だれかと電話をしているようなら、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。
レシートやクレジットカードを確認すると浮気を確定することもできるでしょう。まず、普段は入らないような毎回、コンビニのレシートを見ることが多くなったら、いつもその近くに行っている事になります。
そこで見続けていると、浮気の瞬間を目にすることが出来るかもしれません。
事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、調査期間が3日間だったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功として扱われてしまいます。
実際に浮気があったとしても、3日の間に浮気が発覚しなければ、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査は完了し、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ