一般にはGSP端末を使用することが多い

追跡グッズという探偵が使うものは自分で買うことができるかといえば、買うことができるのです。
追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用することが多いです。でも、これは誰でもインターネットなどで買えます。
車に載せているのをよく見るGPS端末は、車が盗難されたときに備えて搭載しておくものですので、いかなる人でも購入できるのは当然です。
GPS端末を使い、良く通っている地域の情報を得て、その近所をウロウロしていれば、必ず相手はやってくるはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。
懐具合が心もとないときには、地図情報システムで調査するのも、方法の一つです。GPS端末が付けられていることがバレてしまい、追及される種になることもあります。
料金について成功報酬制を採用している探偵事務所は、調査が成功しなければ調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。
そのように考えると、成功報酬だからということで、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。
調査に対するこれまでの実績などもチェックして、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼すると安心です。
GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに設置して、移動の様子を常時監視し、移動中の所在を確認したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。
移動手段に、車を使わない人の場合は、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。こうすることによって、パートナーの行き先やそこにどのくらいいたのかもわかります。
探偵が尾行する際の料金はどのくらいかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。当たり前のことですが、調査員が1人であれば安く、多くなるほど高くなります。そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認したほうが良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ