現実とフィクションは違うもの

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分で尾行してしまえと思う奥さんもいるみたいです。
テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、現実とフィクションは違うもので、相手に違和感を感じさせなく、尾行するのはとても技術がいるでしょう。気付かれてしまえば相手も対策をとるので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。あったことをなかったことにさせないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。
パートナーの浮気リサーチを探偵にお願いする時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数をあらかじめ打ち合わせをしておきます。探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、浮気調査を行った期間が長期にわたれば調査費用が高額になるでしょう。
探偵業者によって、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。しかし1人で踏み込むという方法を取ると、揉める元なので、止めておきましょう。
信頼している人を連れて行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
信頼できる人が見つからない場合は、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
夫が浮気しているところを奥様がつかまえてひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。
夫の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、傷害・殺人まで起きるというサスペンスドラマも少なくありません。
浮気しているところを捕まえて問い詰めるのも選択肢の一つです。
離婚になってもいいと思う場合は、やってみる手もあるでしょう。
本人が知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。せっかく撮った浮気現場の写真も、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは残念ながら証拠とは言えません。
浮気の調査を探偵に任せると、用途に適するサイズのカメラも用意し相手が気づかないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ