貴方が慰謝料を要求しようとするのなら

不幸な事に、パートナーが貴方を裏切り、貴方が慰謝料を要求しようとするのなら、まずは相手のことを知らなればなりませんし、不倫関係が継続している事を、形として手に入れなければ駄目です。しかし、調査のプロである探偵に依頼したら、疑いようもなく誰にも認められる証拠を映像に残して貰えますし、裁判において、貴方の望む報いを与えるに充分な物を整えて貰えます。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、あまり無いのではないかと言ってもいいかもしれません。双方とも、浮気調査、身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。でも、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。探偵の場合には、人に怪しまれることのないよう充分すぎる注意を払って根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、先に自分の所属を明かして表立ってリサーチを行うようです。
探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。
パートナーが浮気していると分かっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはするべきではありません。
浮気の事実を突き止められると配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。
その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。
自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。
探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。でも、パートナーに詰め寄っても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件で離婚できません。
そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ